実際のトイレリフォームの見学

真剣にリフォームに必要な全ての項目を吟味したうえで、費用をかけて行う施工ですが、完全に満足のいくものにするためには、色々な業者を比較検討して、カタログから厳選しなくてはなりません。もし友人や知人にリフォームを行った人がいれば百聞は一見に如かずで実際に見せてもらうことが出来ないか相談してみるのもいいかもしれません。
仮にそのような知人がいない場合でも業者には施工事例が記録されているので確認してみましょう。これらの準備は急に発生するトイレ 水漏れの時には慌ててしまい出来ません。平時から意識することが肝要です。

■ありがちな失敗例

ネット普及時代のお陰で、リフォームを実際に行った方の体験談なども検索すれば閲覧できるものがあります。そのようなサイトに掲載されている失敗談で目にするのは飲食店等のトイレでよく見る雰囲気のある間接照明にしたら実際に使用するには暗すぎたという事例です。住環境に見合った施工にしなければ機能を満たさないという典型的な事例です。
また、トイレのドアを内開き設計にしてしまうのも間取りが許すなら避けたい事例です。内開きにしてしまうと高齢者がいるご家庭で万が一中で倒れた場合、ドアが開かないことが予測されるためです。スペースが許すならば外開きか引き戸にするのがベストです。

■トイレ空間の実寸を測りましょう。

実際の空間をイメージするだけではなかなか雰囲気がつかめないので業者のショールームなどを見学に行くのもおすすめです。実際に見て触れることが出来る貴重な場所です。ショールーム見学の際に注意したいポイントはあくまでショールームとして造られている空間なので、自宅の間取り実寸とは違うという点です。当たり前だと思うかもしれませんが、ショールームは非常にきれいな空間を演出しているため気分が高揚し肝心な実寸との違いに気が回らなくなる可能性があります。必ずメモを取って自宅のトイレの広さと比較しましょう。

■まとめ
トイレリフォームのハードルは高そうですが実際にショールームなどを見学したり、幸運にも知人でリフォーム経験した方がいらっしゃるなら直接話を聞いたり見学させてもらえるように相談してみる価値はあります。
業者が管理するホームページ等にも施工事例を掲載している業者が増えてきているので実際の施工事例や成功例、逆に失敗談等を見るのも非常に参考になります。
自宅の間取りを考慮したうえで外開き、引き戸などの安全面にも配慮した設計を業者と一緒に打ち合わせをし、ライフスタイルにベストマッチするトイレリフォームを成功させましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ