トイレリフォームとは

トイレリフォームとは 築年数が15年から20年近く経過すると、様々な場所で経年劣化からくる破損状況が目に見えて多くなります。家はまず水回りから傷みが始まると言われていますので、家中の水回りに不具合を感じ始めた方も多いかもしれません。
そんな中でも家のリフォームでまず思い付く場所としてトイレを考える方も多いのではないでしょうか。そういった方の中には、トイレリフォームを考えたきっかけが、トイレの故障だったという方も少なくありません。生活環境の中でトイレは切り離して考えることが出来ない重要な設備であるため故障等の際に一番困る場所でもあります。日頃の設備チェックも重要ですが経年劣化は防ぐことが難しい問題です。修理ではなくリフォームを考えている方は、どのような点に考慮して失敗なくリフォームするかを考えておきましょう。

■施工内容で費用は様々

トイレリフォームで肝心なことはまず業者選びです。近年では様々な業者が水回りの施工を行っています。家電量販店やホームセンターなどでも施工している事があります。しかし、水回りのことはやはり水回り専門の業者に任せた方が安心感が高く人気です。
費用は全面的なリフォームか、部分的なリフォームかによって様々ですので業者に見積もりを依頼して納得のいく価格を提示してもらいましょう。見積もりに関しては無料で行っている業者が多く、そうした業者の方が安心です。近年では生活空間の大切な一部としての認識が高まっているトイレですので、その業者が行ってきた施工事例なども参考にしてみましょう。

■修理かリフォームか迷ったら
直せばまだ使えるかもしれないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。実際、普段の掃除やメンテナンスをしっかり行っていれば、不具合にも早く気づくことが出来るため業者に依頼して修繕がスムーズにいくことが多いです。
しかし頻繁に故障したり、築年数やトイレの使用年数が概ね15年以上経過している場合は思い切ってリフォームを考えてみてもいいかもしれません。一般的にトイレ本体を含むトイレの設備耐用年数は15年前後と言われています。何度も修理して修理費用が増えていくと経済的にも問題が出てきますし、何より安心してトイレを使うことが出来なくなり精神衛生的にもよい環境とは言えなくなります。修理履歴、耐用年数から費用対効果を考えて検討してみましょう。

■リフォームのコツ

トイレの故障等が起こると慌ててしまいます。また、修理では改善が見られずトイレの交換等のリフォームが必要になった場合、慌てて決めてしまい後悔したという話もよく耳にします。
リフォームを失敗なく安全に行う秘訣は慌てないことです。急いては事をし損じるという言葉通りです。軽微な異常も先送りにしたり見逃したりせずに耐用年数が近付いてきたらリフォームを視野に入れて、家族で話し合ったり業者を選定しカタログを取り寄せておくなどして日頃から準備をしておきましょう。
リフォーム後に不具合を感じたりすれば生活の質は一気に低下してしまいます。こんな筈ではなかったという後悔を少なくするために重要になるポイントを押さえてから施工依頼をしましょう。

■まとめ
トイレは住環境においてとても大切な場所です。普段からの整備点検はとても肝心ですが経年劣化を防ぐことは難しい問題でもあります。また、急な故障は慌ててしまい処置に時間が掛かり被害が大きくなることも想定されます。
耐用年数を経過するあたりからトイレ設備の寿命を考慮し設備のリフォームを視野に入れて日頃から家族で話し合って業者を選んだり、トイレのカタログなどでイメージを膨らませておきましょう。そうすることで慌てずにリフォームをすることが出来ます。土壇場で決めてしまうと後悔してしまうことにもなりかねません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース